2014年02月20日

小樽のとある地ビール話 by院長

読者の皆さま こんにちは いつもの院長でございます。

北海道の冬もそろそろ終わりかと思いきや先日の猛吹雪に気持ちがすっかり萎えましたね!

でも、さすに夕暮れの時間が少しずつ遅くなって気分は春に近づいております。

ただし院長のおつむの中は年中春ですけど・・・(たりら~~~ん!)


さてさて、最近忙しくてプライベートの外出も少なくただただ自宅で宅の飲みの

生活が続いている日々 もちろん飲んでいるのはお安い合成酒!熱燗最高!

したがってブログのネタもままならない状況でござますが、昨日当院の患者さんから情報に

よりますと小樽の地ビールのお店で雪あかり期間限定かも知れませんが

ホットビール成るものが在るそうです。

その名の通り 燗ビール 同じ発音ではありますが 缶ビールではございません!

昔のドリフターズのお笑いネタの様話題ですが本当の話なんです。

院長試飲した訳ではありませんので味は表現できませんが

ただビールを燗ビールにした訳では無いようです。

その患者さんが言うには感覚的にホットカクテルのように成っている様です。

蜂蜜メインに他に何か入っているそうです。

院長 「うまいんですか????」

患者さん 「ん~・・・ なんとも言えない」

院長 「どんな味ですか????」

患者さん 「まあ 甘いね!」

院長 「ビールが甘いんすか!!!」「他の特徴は??」

患者さん 「あったかいね!ホットだから!」

     「もう一人が飲んで見た感想は・・・なんか線香の香りがする!!!って」

院長 「ふう~ん」「飲みたいとは思わないけど、どんな物かチャレンジしたいですね!」

読者の皆さまも小樽にいらっしゃった時は、話のネタに レッツ チャレンジ!!









posted by あたす at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 院長 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。